トップ 蕎麦屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




蕎麦屋ナビ京都府 > 田毎/府庁前店

田毎/府庁前店

田毎/府庁前店

本格日本蕎麦、創作蕎麦、そば懐石なども用意しています。

明治維新の舞台であった、京都三条―明治元年、そば処田毎は当地に開業。初代徳兵衛は、そば地蔵で知られる大幸寺の住職より、そば打ちを伝授されたと伝えられています。以来、百余年の歳月献上そばにあずかることも数知れず。
食文化の守り手である一方、田毎は、未知の味覚を創ります。

田毎/府庁前店:DATA
所在地〒602-8031
京都府京都市上京区西洞院通椹木町上る東裏辻町403-1
TEL075-255-7775
FAX
URLhttp://www.tagoto.com/
業種蕎麦屋、そば屋、うどん店
営業時間など11:00~20:00
大晦日 11:00~22:00
正月 3日から5日 11:00~19:00 休業日 正月 元旦・2日は、休業とさせていただきます。年中無休
駐車場
アクセス(最寄駅)
○京都市営地下鉄烏丸線・丸太町駅徒歩10分
○京都市営地下鉄東西線・烏丸御池駅徒歩10分
(車)
○二条城から5分
○全日空ホテルから5分
(その他)
京都府庁 釜座通南へ下るすぐです。京都御所から歩いて7分 京都ブライトンホテルから徒歩5分
お役立ち情報

田毎/府庁前店の地図

京都府京都市上京区西洞院通椹木町上る東裏辻町403-1 (Sorry, this address cannot be resolved.)

蕎麦屋/田毎/府庁前店の詳しい情報です!

◆関東のそば(麺)へのこだわり
◆関西のだし(つゆ)へのこだわり

2つのこだわりが融合して初めて美味しいそばが味わえる。「本家田毎」の「そば」は当然国内産の良い物を使用し熟練した職人により打たれたものを絶妙の茹で加減でお出ししています。

「だし」は京都のだし食文化に他の追随を許さないものである。新鮮な魚介類の手に入りにくかった昔より乾物への研究旺盛で昆布を始め種々のけづり節のブレンドの味を追及。京料理の基本とも言える「だし」。

「田毎のだし」も130余年にわたる京都のだしをベースに「そば」に合う関東(東京)流をほど良く取り入れて出来上がったものです。

【お品書き一例】

☆そば定食/997円☆
 お品書き数々心を尽くした打ち立てそばに吟味を重ねた天ぷらの妙味を。

☆にしん定食/1050円☆
 選りすぐったとれとれの自家製にしん。京都ならではの滋味が映えて。

☆名物 田毎そば/1050円☆
 棚田のひとつひとつに月が映る風景を模した当店の名物。海苔を田に酒蒸しした帆立貝を月に見立ててネギの香りで味をしめました。温かいのと冷たいのと趣向もそれぞれに。

☆みそぎそば/1050円☆
 みそぎそばの粉は極少量しかとれない最高級のそば粉です。この純白の一番粉で作った田毎名代みそぎそばは殿上人への献上品でもありました。上品な風味のざるそばに天ぷらを添えて。

◆田毎ならではの本格日本蕎麦お楽しみください。

■冬季限定メニュー 
 そばがゆ 630円 
 そばぞうすい 997円 
■年に一度の田毎特選そば
 みそかそば(大晦日) 1050円
 めでたそば(お正月) 1575円
■おみやげ
 そばみそ 840円、 ざるそば(二人前) 1522円
 ゆず七味 840円、 天ぷらそば(二人前) 2152円
 そばあられ 367円、 にしんそば(二人前) 2152円
 ごまの花(ふりかけ) 577円、 そばつゆ(二人前) 630円
 そば寿司 1312円、 うどんつゆ(二人前) 630円
 (一本八切れ・小海老天ぷら付き)


※表示の価格などはあくまでも当サイトで調査した時点のものですので、掲載日から時間がたっている場合は、変わっているものがあることをご了承下さい。詳細は各業者様にお問い合わせ下さい。 
スポンサードリンク
 

口コミ情報

   
    

口コミがまだ書かれていません。
ぜひ、口コミを投稿して下さい。

   
  

この蕎麦屋さんに口コミする







画像の中に見える文字を入力してください。

蕎麦屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 松寿庵 愛知県名古屋市千種区豊年町4−13 電話052-722-0212
    • 苔乃茶屋 京都府京都市西京区松尾万石町56 電話075-381-3191
    • 鼓亭 兵庫県南あわじ市福良甲512−22 電話0799-52-2639

今日のお勧め記事 ⇒ 蕎麦の原料

蕎麦を作るのに必要なものは「蕎麦粉」「つなぎ」「水」になります。うどんの材料の小麦粉はグルテンを形成するので、水だけで練りますが、蕎麦粉は、グルテンを形成しません。ですから、水だけですと、まとまらないので「つなぎ」をいれ、粘りを出します。 「つなぎ」を使わない蕎麦もありますが、蕎麦粉を糊化させて粘りを出して作られます。 「つなぎ」には、山芋、こんにゃく、布海苔、山ゴボウの一種のオヤマボクチなどを使います。「つなぎ」を使うことにより、つなぎ独特のコシや食感がでてきます。 不海

蕎麦屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。