トップ 蕎麦屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




蕎麦屋ナビ長野県 > 越前屋そば店

越前屋そば店

越前屋そば店

木曽街道名物、手打・寿命そば 寛永元年創業 伝統のそばです

当店ではお客様に一番おいしいそばを召し上がっていただくために、「ひきたて、うちたて、ゆでたて」にこだわり、創業以来のコシのある白いそばをお出ししています。
一番良い状態のそばを召し上がっていただきたいので、生そばのお持ち帰りは出来ません。
「もう一度食べたいな」と思っていただけるよう努力しております。

越前屋そば店:DATA
所在地〒399-5607
長野県木曽郡上松町大字小川見帰2379
TEL0264-52-2081
FAX
URLhttp://www.echizenya-soba.jp/
業種蕎麦屋、そば屋、そば店
営業時間など
駐車場20台 駐車料金 無料
アクセス(最寄駅)
○JR中央線・上松駅車で5分
(その他)
国道19号線沿い、寝覚の床・臨川寺向かいになります
お役立ち情報◇当店ではお客様においしいおそばを召し上がっていただくため、打ちたてのおそばをお出ししています。
そば打ちの様子もご覧いただけます。
ぜひ、お立ち寄り下さい。

越前屋そば店の地図

長野県木曽郡上松町大字小川見帰2379 (Sorry, this address cannot be resolved.)

蕎麦屋/越前屋そば店の詳しい情報です!

木曽八景のひとつ「寝覚の床」入口近くに当店はございます。
創業は寛永元年で、創業三百八十一年になります。
創業当時から、様々な旅人が宿場に立寄り、立場茶屋として栄えてきました。

様々な画人、文人に愛された越前屋にぜひお立ち寄りいただき、三百年の伝統の味をご賞味ください。

当店ではお客様に一番おいしいそばを召し上がっていただくために、
「ひきたて、うちたて、ゆでたて」にこだわり、創業以来のコシのある白いそばをお出ししています。
そばの実を臼にかける時に身の中心部だけを使用しているため、白いそばになります。
この製粉が創業以来300年受け継がれて越前屋の「コシのある白いそば」がつくられています。
また、伝統のこだわりを大切にするとともに、厳選した食材を使用しています。
そば粉は松本市、大町市のものを、そばつゆには北海道から利尻昆布、鹿児島枕崎から鰹を取り寄せて使っています。
一番良い状態のそばを召し上がっていただきたいので、生そばのお持ち帰りは出来ません。
ぜひ、「ひきたて、うちたて、ゆでたて」の一番おいしい状態のそばを食べに来てください。
お客様に「もう一度食べたいな」と思っていただけるそばが打てるよう、常に努力してまいりたいと思っております。

 ■ おしながき ■

 かけそば 800円

 盛そば 1100円

 月見そば 900円

 天ぷらそば 1200円

 あなご天そば 1300円

 山かけそば 1100円

 とろろそば 1200円

 おろしそば 1150円

 山菜そば 1000円

 盛天そば 1500円

 そば定食 1600円

 釜あげ 1100円

 すんきそば(冬季) 1000円

 鴨南ばん(冬季) 人気です! 1600円


 そば寿し 大好評です! 600円

 そばがき 600円

 玉子丼(みそ汁付き) 850円

 カツ丼(みそ汁付き) 1100円

 天丼(みそ汁付き) 1100円

 御飯とみそ汁 450円

 五目めし 900円

 虹ます 550円

 口取山菜 350円

 口取つけ物 350円

 口取天ぬき 600円


☆すんきそば・鴨南蛮は12月~3月までの冬季限定メニューとなります。
☆セットメニューもあります。
☆団体様のご予約も承ります。


※表示の価格などはあくまでも当サイトで調査した時点のものですので、掲載日から時間がたっている場合は、変わっているものがあることをご了承下さい。詳細は各業者様にお問い合わせ下さい。 
スポンサードリンク
 

口コミ情報

   
    

口コミがまだ書かれていません。
ぜひ、口コミを投稿して下さい。

   
  

この蕎麦屋さんに口コミする







画像の中に見える文字を入力してください。

蕎麦屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 入佐屋そば 兵庫県豊岡市出石町内町98−1 電話0796-52-5393
    • めん食堂・川なべ 富山県砺波市三郎丸331−1 電話0763-33-5632
    • 中居屋 群馬県吾妻郡嬬恋村大字三原388 電話0279-97-2643

今日のお勧め記事 ⇒ 東北地方の蕎麦

東北地方で有名な蕎麦といえば、岩手県盛岡市の「わんこそば」になるのではないでしょうか。「わんこそば」の「わんこ」とは、「お椀」のことを言います。「わんこそば」は、初めからたくさんのお椀に少量ずつ入った蕎麦が用意されています。食べる人が持っている椀が空になると、給仕の人が次々に蕎麦を入れてくるのです。食べる人が降参するまで、永遠に入れ続けられてしまいます。このスタイルは、昔からのスタイルで、現在も受け継がれています。 「わんこそば」は成人の男性で平均60杯ぐらい食べるそうです

蕎麦屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。