トップ 蕎麦屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




蕎麦屋ナビ長野県 > 信州開田高原そば製粉製麺工場

信州開田高原そば製粉製麺工場

信州開田高原そば製粉製麺工場

通こそ知る信州かいだそば

信州の中でも有数のそばの産地開田高原。
夏には雄大な木曽御嶽山を背景に、高原のいたるところに広々としたそば畑が広がります。
冷涼で朝夕に霧が発生する開田高原特有の気候で育った風味豊かな「かいだそば」を是非ご賞味ください。

信州開田高原そば製粉製麺工場:DATA
住所3970302
長野県木曽郡木曽町開田高原西野2766
電話0264442251
FAX0264442335
URLhttp://kaidasoba.e-toyama.jp/
営業月-金 8:00-17:00(不定休あり)
駐車場有り
業種製麺(生そば)、製麺(半生そば)、製粉(そば粉)、漬物製造(すんき)、食品製造、そば卸、そば小売、そば通信販売、土産品(そば)、贈答品(そば)
アクセス車 国道19号木曽大橋より国道361へ。九蔵峠を越え橋を渡り、「土橋」バス停を右折。
お役立ち情報期間限定で「すんき漬」も製造・販売しています。「すんき漬」とは長野県の木曽地方に古くから伝わる、かぶ菜を植物性乳酸菌で発酵させた「無塩」の漬物です。植物性乳酸菌は、近年の健康志向の高まりで注目されています。「すんき漬」は長野県の「味の文化財」にもなっています。


信州開田高原そば製粉製麺工場の地図

長野県木曽郡木曽町開田高原西野2766 (Sorry, this address cannot be resolved.)

※表示の価格などはあくまでも当サイトで調査した時点のものですので、掲載日から時間がたっている場合は、変わっているものがあることをご了承下さい。詳細は各業者様にお問い合わせ下さい。 
スポンサードリンク

蕎麦屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 蕎麦の原料

蕎麦を作るのに必要なものは「蕎麦粉」「つなぎ」「水」になります。うどんの材料の小麦粉はグルテンを形成するので、水だけで練りますが、蕎麦粉は、グルテンを形成しません。ですから、水だけですと、まとまらないので「つなぎ」をいれ、粘りを出します。 「つなぎ」を使わない蕎麦もありますが、蕎麦粉を糊化させて粘りを出して作られます。 「つなぎ」には、山芋、こんにゃく、布海苔、山ゴボウの一種のオヤマボクチなどを使います。「つなぎ」を使うことにより、つなぎ独特のコシや食感がでてきます。 不海

蕎麦屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。