トップ 蕎麦屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




蕎麦屋ナビ東京都 > 砂場

砂場

砂場

◇◆日本そば・創作うどん◆◇
 伝統の味をお届けいたします

こだわりの素材で上質な味を。脈々と繋がる「伝統の味」と、若さ溢れるあたらしいスタイルのおそば・うどんを、心行くまでお楽しみ下さい。

砂場:DATA
所在地〒156-0053
東京都世田谷区桜2丁目10-9
TEL03-5450-8853
FAX03-5450-8853
URLhttp://www.s-sunaba.com/index.html
業種蕎麦屋、そば屋、飲食店、うどん店
営業時間など11:00~20:30定休日 火曜日
駐車場
アクセス(最寄駅)
○上町駅から徒歩8分
○経堂駅から徒歩10分
(その他)
桜通り商店街内
お役立ち情報●おそばは、「ひき立て」「打ちたて」「ゆでたて」です。
●うどんは、細打ちでこしがあり、喉越し良く仕上げております。
●天ぷらは良質の胡麻油で揚げ、たいへん風味豊かに香ばしく仕上げております。
●おつゆは、無添加・無着色で安全な物をつくっております。
●お米はコシヒカリを、お水はアルカリ水を使用しています。

砂場の地図

東京都世田谷区桜2丁目10-9 (Sorry, this address cannot be resolved.)

蕎麦屋/砂場の詳しい情報です!

■□ お し な が き □■

<冷/そば・うどん>
・せいろ 550円
・のりせいろ 600円
・なめこせいろ 800円
・とろろせいろ 850円
・肉つけせいろ(豚肉) 750円
・鴨せいろ 950円
・いくらせいろ 1,050円
・野菜天ざる(野菜五品×2) 1,050円
・天ざる(車海老一尾・野菜五品) 1,200円
・おまつり天ざる(車海老二尾・野菜七品) 1,600円
・あなご天ざる 1,150円

<温/そば・うどん>
・かけ 550円
・たぬき 600円
・きつね 600円
・玉子とじ 650円
・おかめ 700円
・肉南ばん(豚肉) 750円
・カレー南ばん 750円
・力うどん 800円
・なめこ 800円
・山かけ 850円
・和風五目 850円
・鴨南ばん 950円
・天ぷら(車海老) 950円
・上天ぷら(車海老二尾・野菜三品) 1,400円
・山菜 850円

<ご飯物>
・半ライス 150円
・ライス 250円
・カレーライス 750円
・ハンバーグカレー 950円
・そぼろご飯 800円
・牛丼 850円
・親子丼 850円
・上親子丼 1,100円
・かつ丼 850円
・上かつ丼 1,100円
・ミニいくら丼 550円
・いくら丼 1,150円
・ミニねぎとろ丼 550円
・ねぎとろ丼 1,150円
・うな重 1,500円
・からあげ定食 950円
・ハンバーグ定食 1,000円
・焼き肉定食 1,150円
・天ぷら定食(車海老二尾・野菜五品) 1,700円

<自慢の天丼>
・野菜天丼(野菜五品×2) 950円
・天丼(車海老二尾) 1,100円
・にぎわい天丼(車海老一尾・野菜五品) 1,100円
・上天丼(車海老三尾) 1,400円
・あなご天丼 1,150円

・その他、ご飯と麺類のセット、季節の特選メニュー 等
・平日11時~15時はランチメニューもご用意しております。

※大盛りは、150円増しになります。
※ご注文合計金額1,100円より配達も承ります。
 配達地域についてはお電話にてご確認ください。
 (地域によっては、配達に伺えない場合もございます、ご了承ください。)

◇詳しくはホームページをご覧下さい◇
http://www.s-sunaba.com/index.html


※表示の価格などはあくまでも当サイトで調査した時点のものですので、掲載日から時間がたっている場合は、変わっているものがあることをご了承下さい。詳細は各業者様にお問い合わせ下さい。 
スポンサードリンク
 

口コミ情報

   
    

口コミがまだ書かれていません。
ぜひ、口コミを投稿して下さい。

   
  

この蕎麦屋さんに口コミする







画像の中に見える文字を入力してください。

蕎麦屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 入佐屋そば 兵庫県豊岡市出石町内町98−1 電話0796-52-5393
    • めん食堂・川なべ 富山県砺波市三郎丸331−1 電話0763-33-5632
    • 中居屋 群馬県吾妻郡嬬恋村大字三原388 電話0279-97-2643

今日のお勧め記事 ⇒ 蕎麦と文化

江戸時代、蕎麦が流行しました。それまで、うどんが盛んに食べられていましたが、この流行で江戸ではうどんよりも蕎麦の方が、好まれて食べられるようになりました。夏目漱石の名作「吾輩は猫である」「坊っちゃん」などでも蕎麦が登場してくるほどです。 江戸っ子といわれている江戸の人の中では、蕎麦の食べ方にこだわりをもっています。もり蕎麦を食べるときは、蕎麦の先だけをつゆにつけて食べたり、あまり噛まずに飲み込みます。関東の蕎麦のつゆは濃いので、少しだけつけるだけで十分だったり、蕎麦の香りや

蕎麦屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。