トップ 蕎麦屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




蕎麦屋ナビ山形県 > 手打ちそば草介

手打ちそば草介

手打ちそば草介

一番のこだわりは心。
県内産大蔵村玄そば使用。 
ご笑味下さい。

最上早生を愛し、それを作って下さる
生産者に感謝して、心を込めて打った
そばをご笑味頂ければ幸いです。
【営業時間】
 11:00~14:00/夜は宴会のみ要予約
♪そばが終わり次第、閉店♪
【定休日】
 月曜日
※月曜日が祝日の場合は営業致します。
 (翌日が休みとなります)
 TEL 0120-970511 

手打ちそば草介:DATA
所在地〒999-7604
山形県鶴岡市藤浪4丁目106-3
TEL0235-78-3168
FAX0235-78-3175
URL
業種蕎麦屋、そば屋、そば店
営業時間など11:00~14:00 休業日 月曜日 ※月曜日が祝日の場合は営業致します(翌日が休みとなります)その他(夜は宴会のみです※要予約)
駐車場30台 
アクセス(最寄駅)
○JR 線・藤島駅車で5分、徒歩15分
(その他)
鶴岡市内、藤島バイパス国道345号を新庄山形方面へ
藤島町内の国道沿い
お役立ち情報

手打ちそば草介の地図

山形県鶴岡市藤浪4丁目106-3 (Sorry, this address cannot be resolved.)

蕎麦屋/手打ちそば草介の詳しい情報です!

<一番のこだわりは“心”>
~そば、そばつゆ、うどん、うどんつゆ・・・全てこだわりの手づくり味です!~

■□■□■手打ちそば草介 おしながき■□■□■
【東根そば】
◇板そば(ふつう盛り)・・・先人伝授のコシの強い香り豊かな田舎そば 700円
◇大板そば・・・板そばの一・八倍盛り 1200円
◇粗板・・・粗びき板そば一日限定十五食 700円
◇にしんそば・・・冷たいそばとにしん 1200円
◇天ぷらそば・・・あったか丼そばとてんぷら 1300円
◇かけそば・・・あったか丼そば 700円
◇とろろ板・・・長いもおろしと板そば 800円
◇野大根板・・・辛味大根おろしと板そば 800円
◇かしわ板・・・あったか鶏肉汁と板そば 850円
◇肉そば・・・自家製チャシューのあったかそば 830円
◇カレー南ばん・・・カレーそば(ごはん付) 830円

【草介うどん】
◇樽むぎ・・・草介自家製むぎきり 600円
◇しのだうどん・・・あげのせあったかうどん 650円
◇天ぷらうどん・・・天ぷらとあったかうどん 1200円
◇かしわ樽・・・あったか鶏肉汁と樽むぎ 750円
◇かしわ釜あげうどん・・・あったか鶏肉汁と釜あげうどん 750円
◇肉うどん・・・自家製チャ-シューのあったかうどん 720円
◇カレーうどん・・・お好みカレーうどん(ごはん付) 800円

【一品料理】
◇てんぷら盛合せ・・・ボリュームたっぷり、魚と野菜、季節もの 750円
◇京にしん・・・京風にしんの甘露煮 380円
◇その他 宴会料理・・・ご予約にて 時価

【お飲み物】
◇ビール(大ビン)・・・500円
◇生ビール(中ジョッキ)・・・450円
◇清酒(二合)・・・600円
◇生酒・・・600円
 なまいき(栄光富士)・・・650円
 くどき上手(亀の井)・・・650円
 宵遊(竹の露)・・・650円

【ジュース】
◇キリンレモン・・・150円
◇オレンジジュース・・・150円
◇ウーロン茶・・・150円
◇コーラ・・・150円

◆生そば 
 贈り物に・おみやげに、年越しそば!一人前 700円~
 ご宴会・小ご宴会も承ります!(個室も用意していますので、ご利用下さい) 

■ご宴会
◇2名~30名様可
◇ご予算、人数、時間など、ご要望にお応えします。

■駐車場
 30台 ※大型車も可


※表示の価格などはあくまでも当サイトで調査した時点のものですので、掲載日から時間がたっている場合は、変わっているものがあることをご了承下さい。詳細は各業者様にお問い合わせ下さい。 
スポンサードリンク
 

口コミ情報

   
    

口コミがまだ書かれていません。
ぜひ、口コミを投稿して下さい。

   
  

この蕎麦屋さんに口コミする







画像の中に見える文字を入力してください。

蕎麦屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 有限会社川福本店 香川県高松市大工町2−1 電話087-822-1956
    • 蓼科庵 長野県茅野市米沢3874−1 電話0266-73-3132
    • 砂場本店 東京都三鷹市新川6丁目36−31 電話0422-46-4325

今日のお勧め記事 ⇒ 東北地方の蕎麦

東北地方で有名な蕎麦といえば、岩手県盛岡市の「わんこそば」になるのではないでしょうか。「わんこそば」の「わんこ」とは、「お椀」のことを言います。「わんこそば」は、初めからたくさんのお椀に少量ずつ入った蕎麦が用意されています。食べる人が持っている椀が空になると、給仕の人が次々に蕎麦を入れてくるのです。食べる人が降参するまで、永遠に入れ続けられてしまいます。このスタイルは、昔からのスタイルで、現在も受け継がれています。 「わんこそば」は成人の男性で平均60杯ぐらい食べるそうです

蕎麦屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。