トップ 蕎麦屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




蕎麦屋ナビ各地の蕎麦 > 中部地方の蕎麦

中部地方の蕎麦

中部地方の蕎麦の画像

中部地方の有名な蕎麦は、新潟県の「へぎそば」、福井県の「おろしそば」、長野県の「信州そば」「戸隠そば」「凍りそば」「富倉そば」、静岡県の「茶そば」など、色々な種類の蕎麦があります。

新潟県小千谷市、十日町市にある「へぎそば」があります。「へぎ」とは木で作られた細長い箱のことで、蕎麦を小さな束にして乗せられます。「へぎそば」の特徴は、つなぎに布海苔を使われています。薬味も変わっており、ワサビの変わりに、辛子を使うこともあります。

福井県の「おろしそば」は、「越前そば」とも呼ばれます。そばに大根おろしをのせることから「おろしそば」と呼ばれています。福井県は、ソバの生産地になっています。ここの蕎麦の特徴は、蕎麦粉を作る時に、蕎麦殻も一緒に挽くので、黒っぽい蕎麦になっています。

長野県にはたくさんの蕎麦があります。長野県は、ソバの栽培に非常に適している気候で、たくさんのソバが栽培されています。

長野県戸隠の「戸隠そば」は、お店で出される時、ほとんど水を切らずに提供されます。「ぼっち盛り」といわれる変わった盛り方をしてます。また、ざるそばでも、海苔はかけられません。天ぷらは、戸隠で獲れた山菜の天ぷらが出され、薬味も戸隠大根を使った辛味大根を使います。

「凍りそば」は、「こおりそば」とも「しみそば」とも呼ばれます。冬に、茹でた蕎麦を外に干し、凍らせて、乾燥させたもので、鍋や汁などに入れて、食べます。長野県の郷土料理にもなっており、保存食にもなっています。

長野県飯山市富倉の「富倉そば」は、つなぎに「山ゴボウ」(オヤマボクチ)の葉の繊維を使った蕎麦です。のど越しがよく、蕎麦も香りもとてもいい蕎麦です。富倉地区は行きにくい場所にあるため、「幻の蕎麦」とも呼ばれています。

静岡は、お茶の生産地で有名です。このお茶を使った蕎麦が「茶そば」になります。静岡で獲れた「静岡茶」を一緒に練り込んで作られているので、色はきれいな緑色をしています。蕎麦の香りと、お茶の香りの両方を楽しめる蕎麦になっています。


※表示の価格などはあくまでも当サイトで調査した時点のものですので、掲載日から時間がたっている場合は、変わっているものがあることをご了承下さい。詳細は各業者様にお問い合わせ下さい。 
スポンサードリンク

蕎麦屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 山形一寸亭 山形県山形市薬師町2丁目17−2 電話023-631-2910
    • もとき/開智店 長野県松本市開智2丁目2−32 電話0263-36-3410
    • やまびこ 福島県喜多方市山都町字七十苅2320−9 電話0241-38-3131

今日のお勧め記事 ⇒ 関東地方の蕎麦

関東地方にも蕎麦は色々あります。栃木県日光市では「日光そば」、群馬県伊勢崎市では「岡屋敷そば」、東京都調布市・三鷹市では「深大寺そば」「とろろ蕎麦」、神奈川県秦野市では「丹沢そば」など、いくつか有名な蕎麦があります。 日光は蕎麦の生産地であり、きれいな水もあることから、100店舗以上の蕎麦屋があります。また、「日光そばまつり」というイベントを年1回開催しし、日光そばだけではなく、全国各地の蕎麦が食べられるようになっています。 群馬県の「岡屋敷そば」も、日光と同じように「そば

蕎麦屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。