トップ 蕎麦屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




蕎麦屋ナビ色々な蕎麦 > 冷たい蕎麦

冷たい蕎麦

冷たい蕎麦の画像

冷たい蕎麦は、「ざる蕎麦」「盛り蕎麦」「天ぷら蕎麦」「鴨せいろ」などがあります。「ざる蕎麦」「盛り蕎麦」などは、昔からの食べ方で、蕎麦つゆにつけながら食べます。この食べ方が一番蕎麦の香りや、のど越しなどを感じることができる食べ方です。また、昔から蕎麦は、この食べ方で食べられてきました。

「ざる蕎麦」と「盛り蕎麦」は、似ていて何によって区別されているのか知らない人も多いと思います。もともとは、蕎麦をざるに乗せ、普通よりもコクのある蕎麦つゆを使ったものを「ざる蕎麦」といわれていました。現在では、蕎麦の上に「海苔」が乗っているものを「ざる蕎麦」といい、「海苔」がかかっていないものを「盛り蕎麦」と呼んでいます。

他の冷たい蕎麦は、天かすを入れる「冷やしたぬき蕎麦」、油揚げを入れる「冷やしきつね蕎麦」などもあります。「鴨せいろ」は、鴨の肉を焼いたものと、油揚げ、ネギなどを蕎麦つゆに入れて食べます。

冷たい蕎麦にに乗せる具は、天かす、油揚げ、とろろ、大根おろし、納豆、なめこなどがあります。冷やし中華のようにキュウリや錦糸玉子、ワカメなどを乗せる蕎麦もありますが、昔からあるお蕎麦ではなく、近年考えられた蕎麦になるでしょう。

冷たい蕎麦を食べるときの薬味は、すりおろしたワサビ、大根などが多く使われます。ワサビは、蕎麦つゆに溶かして食べたり、ワサビを蕎麦に乗せて食べたりと、食べ方も色々あります。関西などでは、生卵を割り入れて食べることもあります。


※表示の価格などはあくまでも当サイトで調査した時点のものですので、掲載日から時間がたっている場合は、変わっているものがあることをご了承下さい。詳細は各業者様にお問い合わせ下さい。 
スポンサードリンク

蕎麦屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 山形一寸亭 山形県山形市薬師町2丁目17−2 電話023-631-2910
    • もとき/開智店 長野県松本市開智2丁目2−32 電話0263-36-3410
    • やまびこ 福島県喜多方市山都町字七十苅2320−9 電話0241-38-3131

今日のお勧め記事 ⇒ 蕎麦つゆ

蕎麦のつゆは、うどんのつゆと同じように、関東と関西では、色・味が異なります。関東は、色が濃いつゆで、関西は、色は薄くなっています。蕎麦のつゆが異なるのは、大体、東海地方あたりで、関西に近くなるにつれて、だんだん薄くなってくるのです。 蕎麦のつゆは、出汁、醤油、みりん、砂糖で作られており、関東と関西では材料はほとんど違いはありません。違いがあるのは、出汁と、醤油の種類で、この二つの違いで、味や色が異なってくるのです。 関東の蕎麦つゆの出汁は、主に鰹節で、醤油は濃口醤油を使用し

蕎麦屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。