トップ 蕎麦屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




蕎麦屋ナビ蕎麦の作り方・食べ方 > 蕎麦湯

蕎麦湯

蕎麦湯の画像

「蕎麦湯」とは、蕎麦を茹でた湯のことです。蕎麦屋で蕎麦を食べた後、湯桶に蕎麦湯を入れて出すお店があります。蕎麦つゆに蕎麦湯を入れて飲みます。蕎麦のつけ汁は、濃い味つけになっているので、蕎麦湯で割ることにより、蕎麦つゆも飲むことができるのです。蕎麦湯が出されるのは、冷たい蕎麦のときだけになっています。

蕎麦湯は、蕎麦を茹でた湯なので、多い量の水で蕎麦を茹でた蕎麦湯は、さらっとした蕎麦湯が出され、少なめのお湯で蕎麦を茹でた蕎麦湯はどろっとした蕎麦湯になります。これは人の好みにもなりますが、どろっとした蕎麦湯が好きな人もおり、お客様の要望によって、蕎麦粉や小麦粉を入れて、どろっとした蕎麦湯を出すお店もあります。

蕎麦湯を飲む習慣は、信州が始まりでした。信州も蕎麦が有名なところです。江戸では、蕎麦を食べた後は、豆腐の味噌汁を飲むという習慣でした。信州では、蕎麦湯を飲むと消化に良いという意味で飲んでいたそうです。江戸に蕎麦湯が伝わると、江戸の人に好評だったとのことです。

蕎麦には栄養がたくさん含まれています。たんぱく質、ビタミンB1、B2、ルチン、鉄、カリウムなどです。蕎麦を茹でることで蕎麦湯に栄養が溶け出しています。

蕎麦通の人ですと、蕎麦湯を蕎麦つゆに入れて飲むと、つゆの良し悪し、蕎麦粉のよし悪しがわかるといいます。たとえば、つゆの醤油や、出汁、小麦粉の味が濃かったり、など薄めることにより、色々わかってくるそうです。


※表示の価格などはあくまでも当サイトで調査した時点のものですので、掲載日から時間がたっている場合は、変わっているものがあることをご了承下さい。詳細は各業者様にお問い合わせ下さい。 
スポンサードリンク

蕎麦屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 一茶庵 群馬県桐生市織姫町2−5 電話0277-46-1017
    • そばの里末廣庵 長野県下伊那郡阿智村智里3366−8 電話0265-45-1188
    • 籔半そば屋 北海道小樽市稲穂2丁目19−14 電話0134-33-1212

今日のお勧め記事 ⇒ 蕎麦の種類

蕎麦の麺は、「生麺」、「ゆで麺」、「乾麺」、「冷凍麺」、「インスタント麺」と色々加工されています。加工することにより、生活スタイルや用途に応じで、色々な蕎麦を利用することができるのです。 「生麺」は、蕎麦を打って、切り、打ち粉をまぶした状態です。スーパーなどでは、プラスチックの容器に入れられて販売されています。「ゆで麺」は、生麺を茹でたものです。「乾麺」は、蕎麦を乾かして、棒状にきったもので、「冷凍麺」は、茹でた蕎麦を急速冷凍したものになります。冷凍麺は、長期保存がきくよう

蕎麦屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。