トップ 蕎麦屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




蕎麦屋ナビ蕎麦の基本知識 > 蕎麦と文化

蕎麦と文化

蕎麦と文化の画像

江戸時代、蕎麦が流行しました。それまで、うどんが盛んに食べられていましたが、この流行で江戸ではうどんよりも蕎麦の方が、好まれて食べられるようになりました。夏目漱石の名作「吾輩は猫である」「坊っちゃん」などでも蕎麦が登場してくるほどです。

江戸っ子といわれている江戸の人の中では、蕎麦の食べ方にこだわりをもっています。もり蕎麦を食べるときは、蕎麦の先だけをつゆにつけて食べたり、あまり噛まずに飲み込みます。関東の蕎麦のつゆは濃いので、少しだけつけるだけで十分だったり、蕎麦の香りやのど越しを楽しむために、このような食べ方をすると考えられています。

日本には、「引越し蕎麦」というものがあります。最近は、この風習はなくなりつつあります。「側に引越ししてきた」という意味で「側」と「蕎麦」を掛けています。また、長くお世話になりますという意味を込めて、近所の大家に配っていました。

今でも風習になっているのが「年越し蕎麦」です。年の暮れ12月31日に蕎麦を食べます。年を越して食べてしまうと、「金運に恵まれない」といわれていますので、年を越す前に、食べなければいけません。年越し蕎麦を食べるのは「細く、長く、元気に暮らせるように」という意味があります。この年越し蕎麦は、江戸時代からあるといわれています。もともと、月の末日に蕎麦を食べる風習があり、その習慣が大みそかだけ残ったともいわれています。関西は、蕎麦よりもうどんの方が好まれて食べられている傾向があるせいか、「年越しうどん」を食べるところもあるそうです。


※表示の価格などはあくまでも当サイトで調査した時点のものですので、掲載日から時間がたっている場合は、変わっているものがあることをご了承下さい。詳細は各業者様にお問い合わせ下さい。 
スポンサードリンク

蕎麦屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 山形一寸亭 山形県山形市薬師町2丁目17−2 電話023-631-2910
    • もとき/開智店 長野県松本市開智2丁目2−32 電話0263-36-3410
    • やまびこ 福島県喜多方市山都町字七十苅2320−9 電話0241-38-3131

今日のお勧め記事 ⇒ 蕎麦の歴史

日本の蕎麦の歴史はとても古く、縄文時代の終わりには蕎麦があったといわれています。この時期の古墳から、蕎麦の種子が見つかったことからわかりました。蕎麦が日本に渡ってきた場所の説は色々あります。有力な説は、中国西南部あたりから、日本に渡ってきたという説です。 奈良時代では、蕎麦は食べられていたのですが、今のような麺ではなく、お粥やおじやのように炊いて食べていたといわれていてます。その後、蕎麦の実を挽いて粉にする技術が伝わりました。粉にした蕎麦粉で、蕎麦団子、蕎麦がき、蕎麦焼餅な

蕎麦屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。