トップ 蕎麦屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




蕎麦屋ナビ蕎麦の基本知識 > 蕎麦の実、生産地

蕎麦の実、生産地

蕎麦の実、生産地の画像

蕎麦を作る原料は、植物のソバの実を挽いた粉です。その「蕎麦粉」に「つなぎ」「水」を加えて作られます。

ソバは、成長すると草丈が60~130センチぐらいに伸びます。茎の色は、緑・ピンク・赤などの色をしています。そして、白・赤・ピンクなどの小さな花を咲かせます。花が咲いた後は、黒、茶褐色、銀色の実をつけ、この実を使って色々な蕎麦の料理が作られています。

ソバは、寒いところや、土地が荒れていても育つ丈夫な作物で、中国北部やシベリアなどでも生産しています。そして、寒さになどにも強いことから、年に1~2、3回収穫できます。主に、休耕田を利用して、作っていることろが多くなっています。日本の主な生産地は、北海道が1位で続いて、長野県、福島県になっています。しかし、それでもほとんどは、輸入品を使っており、中国、アメリカなどから輸入しています。

ソバの実は、殻をむき、中の胚乳の部分が蕎麦粉になります。そして、若い茎や葉などはスプラウトとして、殻は「そばがら」として、枕の中身に入れたり、きのこの菌床栽培に使われたりしています。

ソバには、必須アミノ酸や、ビタミンB群のルチンが多く含まれています。しかし、ソバによりアレルギーを発症する人もいます。ソバのアレルギーを持っている人がソバを摂取してしまうと、頭痛、嘔吐などの症状だけではなく、アナフラキシーショックを引き起こす可能性もがあるので、注意が必要です。特に、うどん屋で、蕎麦を扱っているお店は、一緒にゆでたりしていますので、特に注意が必要になります。


※表示の価格などはあくまでも当サイトで調査した時点のものですので、掲載日から時間がたっている場合は、変わっているものがあることをご了承下さい。詳細は各業者様にお問い合わせ下さい。 
スポンサードリンク

蕎麦屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 一茶庵 群馬県桐生市織姫町2−5 電話0277-46-1017
    • そばの里末廣庵 長野県下伊那郡阿智村智里3366−8 電話0265-45-1188
    • 籔半そば屋 北海道小樽市稲穂2丁目19−14 電話0134-33-1212

今日のお勧め記事 ⇒ 温かい蕎麦

温かい蕎麦は、冷たい蕎麦「ざる蕎麦」「盛り蕎麦」が江戸時代頃から食べられたことと比べて、比較的新しい食べ方です。温かい蕎麦に温かいつゆで食べます。 温かい蕎麦の作り方は、蕎麦を茹で、茹であがったら、一度冷水でしめます。その後、温かいお湯で麺を温め、温かいつゆが入ったどんぶりに入れるか、器に盛ります。 「かけ蕎麦」は、温かいつゆに温かい蕎麦を入れたシンプルなあったかい蕎麦の食べ方です。薬味は、七味唐辛子や、長ネギなどを入れて食べます。「つけ蕎麦」は、温かいつゆに、温かい蕎麦を

蕎麦屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。